介護老人保護施設ハート

スタッフ

医師・看護職員・介護職員・リハビリ職員・支援相談員・管理栄養士などの療養専門スタッフがチームを作り、心をこめて支援します。

各職種ご紹介

医師 利用者様の医学的管理を行います。診断や治療、利用者様の状態像を把握した上での看護職やリハビリ職への指示を行います。
看護職員
〈看護師・准看護師〉
医師と協力して利用者様の医学的管理を行うとともに、医学的知識を活かして適切なケアのあり方を検討します。
リハビリ職員
〈理学療法士(PT)・作業療法士(OT)〉
利用者様に対する身体機能や生活機能等の評価とリハビリ計画書の作成、専門的リハビリの提供、他職種も含めて実践する生活機能向上プログラムの指導を行います。リハビリ専門職はそれぞれの専門性を活かし、理学療法士は主に運動機能を、作業療法士は主に動作機能を維持・向上させるためのプログラムを、小集団・個別に実施します。老人保健施設が持つリハビリ施設としての機能の中心的存在です。
介護職員
〈介護福祉士など〉
日常生活に何らかの因難をかかえた状態にある利用者様に移動・食事・清潔などに関する日常的なケアを提供する主役です。
管理栄養士・栄養士 利用者様の栄養状態の維持・向上のために、食事に関するすべてのことを調整します。栄養状態のアセスメントと維持・向上のためのプランづくり、状態像に合わせた食事形態の設定などを、他職種と協働して行います。
支援相談員
〈社会福祉士〉
老人保健施設独自の職種で、相談窓口的な機能を担っています。利用者様がその人らしく地域で暮らしていくために必要な社会的サポートや、家族と施設、入所者の家族から相談にのり、利用者をサポートします。
介護支援専門員
(ケアマネージャー)
利用者様一人ひとりの生活を支援するために必要なサービスの質と量を把握・評価し、必要なサービスが不足したり、過剰に提供されない様に調整し、利用者本位の視点から生活の質(QOL)の向上に向けた働きかけを行います。

〈隣接施設〉青木内科・西桑名指定居宅介護支援事業所・竹の子苑
〈協力病院〉青木記念病院・セントラル歯科